自家用切り花の動向について

9月15日付けの花卉園芸新聞から内容を一部ご紹介します。

リレーフレッシュネス

花のサブスクリプション「ブルーミー(bloomee)」を展開されている(株)クランチスタイルが、花の定期便サービスの中で初めてとなる花き日持ち品質管理の認証「リレーフレッシュネス」を8月25日に取得されました。

今回の認証は、生産・流通・小売りの内の 流通部門での取得のようです。

同社のリレーフレッシュネスは、市場から仕入れた後消費者に届くまで衛生管理湿度温度管理水揚げの清潔度抗菌の項目を管理されています。

リレーフレッシュネスは、仕入れの段階からの品質管理で日持ちをできるだけ長くすることで、新規のお客様も満足度があがります。ホームユース向けの花の消費にますます期待がもてますね。

癒しを求めて買う花

新型コロナでの販売変化で小さめの観葉植物や、ブーケの販売が好調のようです。

ブーケは、デザイナーが考えたデザインの花を制作する取り組みもあるようで、今までメインでなかったお花も増えているようです。これまでの常識を変えてみるのも良いかもしれませんね。

詳細の記事を読まれたいかたは、組合事務局に新聞を置いておりますので、ぜひご覧になってみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。