トピックス の記事一覧

自家用切り花の動向について

9月15日付けの花卉園芸新聞から内容を一部ご紹介します。

リレーフレッシュネス

花のサブスクリプション「ブルーミー(bloomee)」を展開されている(株)クランチスタイルが、花の定期便サービスの中で初めてとなる花き日持ち品質管理の認証「リレーフレッシュネス」を8月25日に取得されました。

今回の認証は、生産・流通・小売りの内の 流通部門での取得のようです。

同社のリレーフレッシュネスは、市場から仕入れた後消費者に届くまで衛生管理湿度温度管理水揚げの清潔度抗菌の項目を管理されています。

リレーフレッシュネスは、仕入れの段階からの品質管理で日持ちをできるだけ長くすることで、新規のお客様も満足度があがります。ホームユース向けの花の消費にますます期待がもてますね。

癒しを求めて買う花

新型コロナでの販売変化で小さめの観葉植物や、ブーケの販売が好調のようです。

ブーケは、デザイナーが考えたデザインの花を制作する取り組みもあるようで、今までメインでなかったお花も増えているようです。これまでの常識を変えてみるのも良いかもしれませんね。

詳細の記事を読まれたいかたは、組合事務局に新聞を置いておりますので、ぜひご覧になってみてください。

広島県の早期集中対策の変更について

広島県では7月31日(土)から実施している9月12日(日)まで、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための早期集中対策に取り組んでいますが、8月5日(木)に早期集中対策を変更し、集中対策重点区域を追加しました。

早期集中対策は

(1)人と人との接触機会の低減(ア.外出の削減、イ.職場への出勤当削減)

(2)飲食店等の利用と感染予防

(3)他地域への移動の自粛

(4)県民の生活・経済の安定確保に不可欠な業務の継続

があり、8月4日以降のイベントについては「広島県におけるイベント開催条件について」(令和3年8月4日適用)のとおり規模要件等の変更、法第24条第9条に基づき、その要件に沿った開催を要請する。

早期集中対策に合わせた対応

(1)感染者の早期発見と隔離

(2)クラスター対策

となっております。

また、この度の早期集中対策の変更は、感染の地域的な抑え込み、前県への拡大防止のため、定めている集中対策重点地域を追加したものです。

①広島市、三原市、廿日市市:令和3年7月31日(土)~9月12日(日)

②呉市、尾道市、福山市、府中市:令和3年8月6日(金)~9月12日(日)

となっております。

詳しい内容は広島県のホームページ、もしくはこちらからPDFファイルをダウンロードできます。

まもなく76回目の平和祈念式典

まもなく8月6日が参ります。

今年も暑さ厳しい、平和を祈る日となりそうです。

76回目の平和祈念式典です。

今年も広島県花き商業協同組合では平和祈念式典でお供えする花束の制作をお手伝いさせていただいております。

続きを読む

フラワービジネス講座のご紹介

JFMA(日本フローラルマーケティング協会)のビジネス講座のうち、

7月20日にオンラインで開催されるお花屋さん向けの講座をご紹介します。

1講座から受講できます。切り花の日持ちのノウハウがわかる『仕入れと花の流通』やアレンジを作るときの色合わせにセンスがでる『花を生かす色彩テクニック』など

続きを読む